パーツ&アクセサリー

Parts&Accessories

ハンドル・ステム

ステアリング周辺パーツはハンドリング操作はもちろん、ライディングポジションにも関わるので各部寸法の選定などサイズ選択が重要です。またライダーの手に直接触れる部分でもあるので、形状や剛性を変えることで乗り心地も随分と変わります。サイズフィッティングの面と機能面の両面から違いのでる部分です。

ステアリングの写真

各パーツ説明

  • ロードハンドルの説明を見る
  • MTBハンドルの説明を見る
  • ステムの説明を見る
  • バーテープの説明を見る
  • グリップの説明を見る

ロードハンドル

ロードバイク用のハンドルは一般的にはドロップハンドルが主流です。バーの曲がり方の違いで、下ハンドル部分が直線に近いアナトミックと、ドロップ部分が均等なカーブを描くシャローに分類することが出来ます。クランプ部分はロードレーサーで主流の剛性が高いオーバーサイズ(31.8mm)とツーリングバイクで主流のノーマルサイズ(26.0mm)があるので、ステムのサイズと合わせることが必要です。タイムトライアルやトライアスロンではより低い乗車姿勢のとれるブルホーンバーやエアロバーも使われます。

MTBハンドル

MTB(マウンテンバイク)用のハンドルバーは、まっすぐに近いフラットバーと、両端が斜め上に持ち上がっているライザーバーに大別される。クランプ部分はオーバーサイズ(31.8)とノーマルサイズ(25.4)があるので、ステムのサイズと合わせることが必要です。ハンドル幅は両端をカットすることによってサイズ調整しますが、クロスカントリーでは540~580mm位、オールマウンテンでは600mm前後、ダウンヒルでは650mm前後がよく用いられますが、ライダーの体格やライディングスタイルで大きく異なります。

ステム

ステムはサドル~ハンドルバーまでの距離に関わる為、ポジションフィッティングの面でもサイズが重要です。突き出しは極端に長い、もしくは短いものはハンドリングにも影響するので注意が必要です。ハンドルバークランプ部分はMTBで25.4mm、ロードバイクで26.0mmがノーマルサイズですが、M現在ではTB・ロード共に31.8mmのオーバーサイズが主流となっています。コラムクランプ部分は25.4mmのノーマルサイズ、28.6mmのオーバーサイズがあり、こちらも現在の主流はMTB・ロード共にオーバーサイズです。

バーテープ

バーテープはドロップハンドルに巻かれ、滑り止め・クッションとして機能します。素材はクッション性の良いスポンジやコルク、丈夫なビニール、細めのコットン、クラシックな雰囲気の革など色々ありますが握り心地やグローブとの相性など好みで選びます。落車すると必ずといって傷みますので消耗品と割り切るのが良いでしょう。また、手軽に交換できるパーツで、カラーや柄もたくさんラインナップされているので、愛車の雰囲気を変えて気分転換するのも良いと思います。

グリップ

グリップはハンドルバーの握る部分に装着されるクッションおよび滑り止めです。素材はゴム系が一般的ですが、スポンジや革が使用されたものもあります。激しいライディングでもズレず交換も楽な両端をボルトで固定するタイプも人気です。またコンフォート系のバイクに向くエルゴタイプと呼ばれる手のひら全体で握る翼状のタイプも人気が上昇してます。直接手に触れる部分なのでライダーの好みで選びます。カラーも豊富なので手軽なドレスアップパーツとしても人気です。