パーツ&アクセサリー

Parts&Accessories

コンポーネント・ペダル

コンポーネントとは変速機、ギヤ、ブレーキなど主要な駆動系・制動系パーツのグループで自転車の性能を大きく左右します。またペダルもライダーの力を駆動系に伝える最初のメカニカルなパーツで重要な役目を果たします。機能の他に、耐久性やフィーリングに差の出る精度、高級な素材や複雑な加工による軽量化など、上位グレードのものは、より快適に、そしてレースで勝利に近づくことが可能です。たった1つのパーツが自転車全体の性能を大きく変えることもあります。

コンポーネント・ペダルの写真

各パーツ説明


  • フロントディレーラーの説明を見る
  • リアディレーラーの説明を見る
  • クランクの説明を見る
  • ペダルの説明を見る
  • シフトレバーの説明を見る
  • ブレーキの説明を見る

フロントディレーラー

フロントディレーラーとは、クランクに取り付けられた複数のギヤ(チェーンリング)の変速を行う変速装置です。大別してロード用とMTB用があり基本的に互換性がありません。取付はシートチューブに固定するのが一般的ですが、フロントディレーラーのバンドでシートチューブを固定する「バンド」タイプのものと、ロード用によく見られるフレームの専用台座に直接取り付ける「直付け(ぢかづけ)」と呼ばれるものがあります。変速の重要なパーツでシフトレバー等周辺パーツとの組み合わせはメーカーにより指定されており異メーカーの組み合わせは基本的に出来ません。上位グレードのものは最適化された形状や、精度、本体の剛性が高い為、スムーズに変速を行うことができます。

リアディレーラー

リアディレーラーとは、リアホイールに取り付けられた複数のギヤ(リアスプロケット)の変速を行う変速装置です。大別してロード用とMTB用があり基本的に互換性がありません。取付け部の規格はほぼ統一されていますが、プーリー間の距離が異なるショートケージ、ロング(ミドル)ケージを組み合わせるギヤにより使い分けます。フロントトリプルや大小差の大きいギヤを使用する場合はロング(ミドル)ケージを使う必要があります。変速の重要なパーツでシフトレバー等周辺パーツとの組み合わせはメーカーにより指定された組み合わせで使用することが必要で、異メーカーの組み合わせは基本的に出来ません。上位グレードのものは精度、剛性が高い為、スムーズに変速を行うことができます。

クランク

クランクとは、フロントギヤ軸~ペダルをつなぐアーム部分で駆動の要となるパーツです。大きな力のかかるパーツですので、高い剛性が求められます。従来は軸・ベアリング部分(BB=ボトムブラケット)に対し左右のクランクを取り付けるタイプが一般的でしたが、より高性能・高剛性が求められ、最近の高級スポーツバイクでは、シマノのホローテック2やカンパニョーロのウルトラトルクに見られるようにクランクと軸が一体となったタイプが主流となっております。より太い軸、大径ベアリングが使用できるようになり、ライダーのパワーを確実に推進力へと変換できるようになりました。クランクアーム部分も軽量・高剛性の為にオーバーサイズ化された中空構造や、カーボン素材の採用が進んでます。

ペダル

ペダルとは、クランクに取り付けられた足を乗せる部分ですが、スポーツバイクでは、ペダリング効率や操作性を考え、様々な形状のペダルが用いられます。ロードバイクやMTBのクロスカントリーではパワーを効率的に伝達するためにビンディングという機構が多く用いられます。スキーのビンディングと同様にシューズとペダルを金具で固定するもので、専用シューズにクリートと呼ばれる小物を取り付けて使用します。固定すると言っても足を捻る1アクションで外すことが出来ます。MTBのダウンヒルやBMXといったアクション系のライディングにはフラットペダルが人気です。スニーカーなどで乗車できる一般的な構造のペダルですが、踏面が大きく、また、靴底が滑らない工夫がされています。

シフトレバー

スポーツサイクルに用いられるシフトレバーは、最近では多くのモデルがブレーキレバーと一体構造でハンドルから手を離すことなく変速操作をできるようになっています。ロード用ではシマノのデュアルコントロール、カンパニョーロのエルゴパワー、SRAMのダブルタップ、MTB用ではシマノのラピッドファイヤープラス、SRAMのトリガーシフターなど、各社、様々なアプローチから操作性を工夫したタイプがラインナップされています。また、ランドナーやクラシカルなデザインの自転車ではダウンチューブに取り付ける、シンプルな構造で耐久性に秀でる従来からのダブルレバーも人気です。

ブレーキ

スポーツサイクルに用いられるブレーキは、車種により構造が異なり、ロードバイクではコンパクトなサイドプルのキャリパーブレーキ、MTB(マウンテンバイク)では様々なコンディションで安定した制動が可能なディスクブレーキとVブレーキ、シクロクロスではタイヤとのクリアランスが広く泥詰まりに強いカンチブレーキと、それぞれの用途に適した特性をもったブレーキが採用されます。ブレーキシュー・パッドもコンディションに応じたものが社外品で販売されます。バランスが良いのは純正品ですが、特定の性能にフォーカスを絞ったカスタムパーツも試す価値があります。