パーツ&アクセサリー

Parts&Accessories

アパレル・グローブ

スポーツとして自転車に乗る場合はやはり専用のウェアが快適です。空気抵抗を軽減するスリムなシルエットで楽に走行することができ、汗をかいても快適さを損なわない速乾性、長時間ライディングでのおしりの痛みを軽減するパッドつきのレーサーパンツ、高い防水性ながらムレを防ぐ透湿素材のレインウェアなど、過酷なコンディションになればなるほど専用ウェアのメリットが分かります。ハデハデのレース用ウェアに抵抗のあるかたは、街中でも違和感のない落ち着いたカジュアルウェアのようなデザインのウェアも人気です。

アパレル・グローブの写真

各パーツ説明

  • ジャージの説明を見る
  • パンツの説明を見る
  • アーム・レッグカバーの説明を見る
  • インナーの説明を見る
  • グローブの説明を見る

ジャージ

自転車用のジャージは大変機能的で、汗をかいてもベタつかない速乾性を意識した素材を用いたり、生地の織り方も汗を外に出す独特の立体的なものが多く採用されます。シルエットは走行時の空気抵抗を低減するため身体にフィットしたものが人気で、高速走行時や向かい風の時には驚くほどその効果を体感することが出来ます。また、冬用のウェアでは薄手ながらも防風素材などを用いて保温性を確保しながらも、運動強度の上がる峠道などでは冬といえどもたくさん汗をかくこともあるので、通気性や透湿性を考慮した作りになっています。

パンツ

レーサーパンツは単なるスパッツではなくサドルと接触する部分にはパッドが装備され長時間走行でのおしりの痛みを軽減する機能的なウェアです。ピッタリとフィットしたシルエットは激しいペダリングでもサドルに引っかかることがなく快適に走行できます。膝上のショートタイプがベーシックですがミドルシーズン用のひざ下丈のものや、保温・防風素材を用いた冬用のものもラインナップされます。また、街中でも違和感のない、ルーズなシルエットのカジュアルタイプなどもあります。

アーム・レッグカバー

春や秋のミドルシーズンでは昼間の峠の上り坂では夏と同様の汗をかきますので半袖ウェアが便利ですが、下り坂や朝晩の気温には保温するために腕・脚だけをカバーするウォーマーが便利です。コンパクトなので使わない時はジャージのポケットに入り、着脱も容易なのでこまめな体温調節が可能です。最近では寒さを防ぐウォーマーだけでなく、夏の紫外線を気にする方が増え、通気性は確保しつつUVカット性能をもつ素材でつくられたアーム・レッグカバーも人気です。

インナー

アウターウェアの機能を補う形で、インナーウェアを使うと更に機能性がアップします。リラックスフィットのジャージの下に吸汗速乾性の高いアンダーをプラスして快適性アップ、夏用ジャージの下に保温性のあるアンダーをプラスしてミドルシーズンも快適にするなど、自由な組み合わせであらゆるコンディションに対応することが出来ます。また、通勤・通学などの街乗りではアンダーパンツの着用で違和感なく快適な走行が出来ます。

グローブ

スポーツサイクルのライディングにはグローブは必需品です。たった手袋1枚でも長時間のライディングでは疲れがずいぶんと軽減されます。手のひらに厚めのパッドが装備されたものなどはリラックスライドでは大変快適です。また、単に快適なだけでなく、しっかりとハンドルをグリップすることで確実な操作が出来、そして、万一の転倒・落車の際にも怪我を軽減するプロテクターとしての役目も果たします。夏用は指先が露出したタイプが一般的ですが、最近はUV対策として夏でもフルフィンガーを着用する方もおられます。