Rockbikes × 京都 第二弾 夜の街をシングルスピードではんなり走ろう!

2017年07月21日

_D735893

京都マルイ店の小林です。

前回から1ヶ月、京都は梅雨も明け、祇園祭で賑わっております。

普段でもそこそこの賑わいですが、先週の前祭は京都マルイに行くのも2倍の時間を要し大混雑。

ちょっと出勤諦めようかと思ったのは秘密です。

 

そんな前祭も終わりましたが、まだまだ大賑わいの京都市街。

祇園祭の喧騒から抜け出すべく、RockbikesのMelancholyを相方にすこし走ってきました。

 

 

たった1,2時間の旅の始まりは鴨川から。

 

 

夏の鴨川と言えば川床。夏限定の風流なテラス席は見てる方も涼しげです。あぁもうビール下さい。

もちろんお高いお店もありますが、意外と気軽に入れる店も多いのでオススメです。

珍しい所だとタイ料理で川床があったりします。

 

ここからは少し北上、岡崎方面へ向かいます。

 

 

 

ロームシアター京都(旧:京都会館)

平安神宮や京都市動物園、美術館などがひしめくエリアですが、周りは住宅街ということもあり夜はとても静か。

読書や楽器の練習をされる方、スケーター、皆さん思い思いの過ごし方をされています。

 

 

夜までやっている喫茶店は数あれど、静かにゆっくり過ごせる場所は多くありません。

ちょっと気軽にダラーっとしたい時に良い場所です。

 

 

 

今回の相方Melancholy。

この手のシングルスピードバイクは構造のシンプルさ故にあまり個性の出ないモデルが多いのですが、

Melancholyはカラーリングの派手さとは違った”上品な”個性を持つバイクです。

リアブレーキをBB裏へ移設し、ワイヤーもフレームに内蔵する事によって、フレームまわりの

ゴチャゴチャを最大限に抑え、極細クロモリフレームの美しさを妨げません。

言わずもがな、変速トラブルの心配が一切不要の気楽さも最高ですね。

このガッシリとしたダイレクト感やメカノイズの少なさはギア付きでは味わえません。

まさに人馬一体。

 

 

さて、まったりとお茶してそれっぽくiPadをいじくっていたら良い時間になってしまいました。

帰りは烏丸通から。

 

 

 

京都駅界隈のランドマーク、京都タワー。

これぞストリートバイクって感じになってまいりました。

スポットライト代わりの自販機も、まぁ味ということで。

 

 

 

夜に外でポケーッとする事が好きな私。帰宅途中に京都駅ビルを眺めるのもお決まりのコースです。

 

 

 

いつも何気なく通っているガード下も画になりますね。

見ての通りカメラの趣味もある私ですが、何かを撮りに回るのに自転車は最高です。

いつもは通り過ぎてしまう風景にも美しさを見つけられる、早すぎず遅すぎずな最適ツールです。

家族の待つ家に超特急で帰るのも良いですが、ちょっと寄り道してまったり帰るのもまた良い物。

自分らしい時間の傍に自分らしい自転車があれば最高ですね。

 

 

今回実際に使用したRockbikes Melancholyは京都マルイ店にて展示中です。

美しいDynasty Blueのカラーは欠品間近!もう無くなってしまったサイズも・・・

ご検討中の方はお早目にお問合せくださいませm(__)m

 

また、きゅうべえでは兼ねてよりポップアップストア”ROCKBIKES KYOTO”として

自転車のきゅうべえ 千本中立売店にて全車種展示させて頂いております。

是非お近くの店舗でご覧下さいませ。

 

 

〒600-8567 京都市下京区四条通河原町東入真町68番地 京都マルイ4F

※京都マルイ店には、駐車場・駐輪場はございませんので、ご来店の際はご注意下さいませ。

☆最短ルートはエレベーターで4Fへ、出てすぐ右手に自転車コーナーがございます!
(フロアマップ参照)

コメントを残す