自転車

FAQ

ジュニア用スポーツのラインナップをご紹介いたします。

ジュニアスポーツとは、その名の通り中学生位までのジュニアの体格に合わせたスポーツサイクルです。シビアなポジション設定を行うのはジュニアライダーにとっても重要です。身長や手足の長さはもちろん、筋力や成長期特有の故障を未然に防ぐギヤ比設定なども大切です。成長期には定期的にポジションの見直しをおこなう必要があります。

ジュニア用スポーツの特徴

ジュニア用スポーツの写真

ジュニア用スポーツについて

スポーツサイクルは体格に合ったサイズを選ぶことが重要です。正確なハンドリングやペダルングが可能となり、技術・体力の向上がスピードアップします。

  • 説明1

    ハンドルバーは小柄な骨格に合うように幅が狭めのものが採用されます。また、小さい手でも操作しやすいようにブレーキレバーもハンドルバーに近い位置にセッティングできるように配慮されているものもあります。

  • 説明2

    クランクは足の長さに合わせた短めのものが採用されます。また、ギア比も無理に重いギヤを使って、膝などの関節の故障を防ぐため、軽めのギヤがお勧めです。極小さいサイズでは構造上フロントの変速は省かれます。

  • 説明3

    フレームは体格に合わせてコンパクトに設計されます。サドルの高さはもちろん、サドルからハンドルまでの距離、また操作性を考慮してホイールベースなど各部の寸法がバランスよくダウンサイジングされます。

  • 説明4

    タイヤサイズは20インチ~26インチ、650cなど様々なものが使われます。サイズによってはスペアタイヤの入手が難しい(種類が少ない、時間がかかる)場合もありますので、そのあたりもしっかりとチェックが必要です。